3月8日のブログの続きになるのだが、森本さんが目に涙を浮かべて話してくれた話。
ある時、幼稚園児の満里奈ちゃんがこう言った。
「満里奈は、お父さんに恩を返さないといけない」と
森本さん「なんで返さないといけないの?」
満里奈ちゃん「だって、鶴でも恩返しするんだよね。」
続いて満里奈ちゃん「毎日、美味しいお弁当作ってくれるから」「鶴でも恩返し・・・」
森本さんは、思わず娘を抱きしめたと・・・
自分の不器用な弁当でも恩返ししたいほど喜んでくれる娘を不憫に思ったからだ。
日本昔話の「鶴の恩返し」を見た満里奈ちゃんが、感じたことなんだろうが、そんな子供に人の生き方を教えるテレビ番組に感謝したと・・・
この「鶴の恩返し」の昔話は、鶴が自分の羽根を抜いてハタを織る話だが、それくらいに恩返しは、自分の身を粉にし命がけでやらないといけないと子供たちに教える話です。